公益財団法人 禅文化研究所

  • 調査研究
  • 刊行普及
  • 資料収集
  • ソフトウェア

資料部門

デジタルアーカイブス

禅の文化として大切に遺されてきた書画を中心としたアーカイブを、劣化しないデジタルデータとして保存していくことを目的とする事業。一応のデータ収集までに概ね7年を目途として活動していく。
将来的には、以下のような事業を通して蓄積した画像と資料に基づいて、「禅文化財WEB博物館」(仮称)を制作し、国内外にバーチャル博物館として、公開許可を得られた禅の文化財を紹介していく。

「禅の至宝」(文化財目録整備事業)

概略 各派本山や、文化財を多数所蔵する由緒寺院の宝物を、保存性や再現性に優れた電子データで記録し利用するための「デジタルアーカイブ 禅の至宝」を、㈱アイデアマンユニオンと共同して制作し、22年度春から運用開始しています。

一般寺院什物データベース

概略 「禅の至宝」(文化財目録整備事業)の対象としない一般寺院で所蔵している宝物のデジタルアーカイブ整備事業として、簡易なデータベースを内部で開発構築し、当該寺院に絵画・墨蹟類などのデジタル写真での撮影と目録のデータベース化を推奨し、理解を得られた寺院のデータ入力を順次行なっていく。