公益財団法人 禅文化研究所

  • 調査研究
  • 刊行普及
  • 資料収集
  • ソフトウェア

資料部門

一般寺院什物データベース

このエントリーをはてなブックマークに追加
詳細  「禅の至宝」(文化財目録整備事業)の対象としない一般寺院で所蔵している宝物のデジタルアーカイブ整備事業として、簡易なデータベースを内部で開発構築し、当該寺院に絵画・墨蹟類などのデジタル写真での撮影と目録のデータベース化を推奨し、理解を得られた寺院のデータ入力を順次行なっていきます。
 平成23年度には、4月に静岡県沼津市近辺の2寺院に調査に入り、約300点の書画の撮影と調査を行ないました。
 この事業で対象とした名品については、「資料の収集・整理・公開」事業の一つである「禅文化研究所墨跡曝涼展」と連携していく予定です。
 また将来的に、一般公開を許可された作品に限って、インターネット上で禅芸術・禅文化を紹介するウェブサイト "WEB禅の至宝展「禅のことをもっと......」"(英・中・韓などに多言語化も考慮)にて情報の公開を行なう予定です。