公益財団法人 禅文化研究所

  • 調査研究
  • 刊行普及
  • 資料収集
  • ソフトウェア

調査研究

唐代語録(『祖堂集』)研究会

このエントリーをはてなブックマークに追加
現状 研究中
詳細 『祖堂集』は『景徳伝灯録』の編集に先立つこと52年、完存する禅宗灯史の書としては現存最古のものであり、現代の禅に直結する唐五代の禅の資料の古層をなすものとして貴重であります。北宋初期の当時の最高の知識人の刊削裁定を経た『伝灯録』に比べて、野趣に富んだ生の資料を提供してくれるものであり、口語研究の資料としても、近年、とみに注目を集めています。
既に40年前、この研究班では、入矢義高・柳田聖山の指導のもとに読まれ、当時の原稿によって『訓注祖堂集』(国際禅学研究所報告第8冊、2003年)として当時の成果が発表されました。現在は『祖堂集』を成立させた福州の雪峰教団の禅師をメインにして深く読み進め、『祖堂集』成立の背景を探ることを目的としています。
今年度は、巻7・雪峯章を読了し、続いて雪峯門下の禅師たちに移り、巻10・玄沙師備禅師・長生和尚を読みます。隔週金曜日に開催しています。
平成23年度の研究会の開催日は、4/23、5/21、6/4、6/18、7/9、723、10/1、10/15、10/29、11/12、11/26、12/17、1/28、2/18、3/4でした。
 
※本研究会は、以前は唐代語録研究A班として、入矢義高先生や柳田聖山先生を講師にして、研究を進めておりました。研究対象となった文献は以下のとおりです。
敦煌出土文献/初期北宗関係塔銘資料/六祖壇経/菩提達磨南宗是非論/荷沢和上五更転/南陽和上壇語/曹渓大師伝他(昭和40年度)
南宗関係塔銘資料/歴代法宝記/達磨禅師観門/悟性論/法性論他(昭和41年度)
古尊宿語要(昭和42年度)
古尊宿語要(継続)/祖堂集(昭和43年度)
祖堂集(継続)(昭和44年度)
絶観論/観心論/達磨禅師論/頓悟真宗論/頓悟真宗金剛般若達彼岸法/門要決/禅門経/大梅山法常禅師語録/洞曹語録(昭和45年度)
洞曹語録(継続)/信心銘/大匠警策/禅門秘要決/十牛図/祖堂集(昭和46年度)
祖堂集(継続)(昭和47~54年度)
真字正法眼蔵(昭和55~平成2年度)
大慧 正法眼蔵(平成3~21年度秋)
祖堂集(継続)(平成21年度秋~)
班長
班員
〔班長 西口芳男〕
班員 衣川賢次(花園大学教授)/中島志郎(花園大学教授)/川島常明(大通院住職)/廣田宗玄(花園大学非常勤講師、順心寺住職)/松岡由香子(花園大学非常勤講師)/千田宗琢(花園大学非常勤講師/久保 讓(花園大学科目等履修習生)/徐 銀柱(花園大学国際禅学研究所研究員)/Eric Greene(京都大学人文科学研究所研究員)/Wits Casper(京都大学人文科学研究所研究員)/薛 耀祥(一指禅気功整体院)/雪敏(花園大学大学院博士課程)/古勝 亮(京都大学大学院)/中瀬祐太朗(花園大学国際禅学科学生)

募集要項