公益財団法人 禅文化研究所

  • 調査研究
  • 刊行普及
  • 資料収集
  • ソフトウェア

調査研究

『寂室語録』研究

このエントリーをはてなブックマークに追加
現状 研究中
詳細  平成28(2016)年に迎える永源寺開山寂室元光禅師650年の遠忌にむけて、禅師の語録の解読および訓注・刊行を行なっています。『永源開山寂室和尚語録』は南北朝期の漢詩文学の様相を伺うに足る希有な史料ですが、従来本格な検討がなされたことがありませんでした。今回の訓注は天台学・禅学双方に造詣の深い天台宗智教寺住職・佐々木陵西師が中心となって作成作業を行なっています。
 現在、訓読文及び注釈の草稿作成を終えて、内容検討を継続中です。
班長
班員
佐々木陵西・能仁晃道