公益財団法人 禅文化研究所

  • 調査研究
  • 刊行普及
  • 資料収集
  • ソフトウェア

調査研究

禅僧(師家)映像アーカイブ班

このエントリーをはてなブックマークに追加
現状 研究中
詳細 臨済宗では、後進修行僧の指導する力量を具えた禅僧を「師家(老師)」といいます。脈々と伝わる禅の法灯を継承している、嗣法者のことで、師家が専門道場(僧堂)の主宰し、またひいては、大本山の管長になる資格を有することができます。
本班では、全国の各派管長や、修行道場師家にインタビューを行ない、禅の指導者としての意見をお聞きし、求道者や一般人を指南していただくための言葉を頂戴し、それをハイビジョンカメラにより撮影して記録していきます。
現在までに、下記の師家方の撮影を終え、「DVD禅僧が語るシリーズ」として公刊しています。
  • 「一筋がよし寒椿」 妙心寺派前管長 東海大光老師
  • 「手を放て」 萬福寺前堂頭 仙石泰山老師
  • 「恨みにつく」 永源寺派管長 篠原大雄老師
  • 「瞬間を生きる」 相国寺派管長 有馬賴底老師
  • 「一つになれ」 建仁寺派管長 小堀泰巌老師
  • 「天地一指」 方広寺派管長 大井際断老師
  • 「塵々三昧」 建長寺派管長 吉田正道老師
  • 「擔雪埋井」 妙心寺派管長 河野太通老師
  • 「精一杯生きよう」 円覚寺派管長 横田南嶺老師
現在は、次回撮影の対象となる師家に交渉しているところです。
班長
班員
〔班長 西村惠学〕
協力:(株)サンガ 児玉修