公益財団法人 禅文化研究所

  • 調査研究
  • 刊行普及
  • 資料収集
  • ソフトウェア

調査研究

現代寺院問題研究会

このエントリーをはてなブックマークに追加
現状 研究終了
詳細 宗門が抱える大きな課題である「寺檀関係」「寺庭婦人」「尼僧」をテーマに、平成9年6月に発足し平成14年末まで臨済宗黄檗宗寺院を対象に調査や検討会を行ない、その結果を全寺院に報告書として配布しました。
  • 平成10年 4月20日(月) 現況調査として全寺院に送付するアンケートの具体的な検討作業を行なった。
  • 平成10年 5月18日(月) 4月に続いて全寺院に送付するアンケートの検討作業を行なった。
  • 平成10年 6月15日(月) 全寺院に送付するアンケートの最終の検討作業を行なった。
  • 平成10年 7月       全国の臨済宗黄檗宗各寺院を対象に、住職の意識調査を実施。
  • 平成10年 7月27日(月) アンケート回収の中間報告と、それを受けて今後の研究会の進め方を検討。
  • 平成10年10月12日(月) アンケート結果の分析。
  • 平成10年11月16日(月) アンケート結果の分析。
  • 平成10年12月21日(月) アンケート結果の分析。
  • 平成11年 2月15日(月) アンケート結果の分析。
  • 平成11年 3月 8日(月) アンケート結果の最終分析。
  • 平成11年 5月        『寺院現況調査報告書』を全寺院に配布。
  • 平成11年 6月18日(金) 全寺院に送付した報告書をもとに今後の研究会の方向性を協議。
  • 平成11年 7月16日(金) 今後の方針を寺檀関係に絞り、檀信徒向けの調査を行なうことを決定。
  • 平成11年 7月       檀信徒向けアンケートの実施。
  • 平成11年 9月13日(月) 檀信徒向けアンケート調査の検討作業。
  • 平成11年10月18日(月) 檀信徒向けアンケート調査の検討作業と協力寺院のリストアップ。
  • 平成11年11月19日(金) 尼僧・寺庭婦人問題を中心に討議。
  • 平成11年12月20日(月) 尼僧二名を招いて現状を伺い、今後のあり方について話し合う。
  • 平成12年 1月21日(金) 尼僧・寺庭婦人問題を中心に討議。
  • 平成12年 2月21日(月) 寺庭婦人へのアンケート調査項目の検討。
  • 平成12年 3月31日(金) 檀信徒向けアンケート結果をもとに検討。
  • 平成12年 5月29日(月) 檀信徒向けアンケートの分析。
  • 平成12年 6月26日(月) 檀信徒向けアンケートの分析。
  • 平成12年 7月28日(月) 檀信徒向けアンケート報告書の検討。
  • 平成12年 9月25日(月) 檀信徒向けアンケート報告書の最終検討。
  • 平成12年11月28日(火) 今後の研究会について。
  • 平成12年12月        『檀信徒からみた寺院』を全寺院に配布。
  • 平成13年 1月29日(月) 今後の研究会について。
  • 平成13年 2月19日(月) 寺庭婦人向けアンケートの検討。尼僧問題について。
  • 平成13年 3月14日(水) 寺庭婦人向けアンケートの検討。
  • 平成13年 4月23日(月) 寺庭婦人及び尼僧問題について
  • 平成13年 6月22日(金) 寺庭婦人アンケート調査結果について
  • 平成13年 8月31日(金) アンケート集計結果について
  • 平成13年 9月28日(金) アンケートの分析
  • 平成13年10月26日(金) アンケートの分析
  • 平成13年11月 9日(金) アンケートの分析
  • 平成13年12月10日(月) アンケートの分析
  • 平成14年 1月28日(月) アンケートの分析
  • 平成14年 3月 4日(月) アンケートの分析
  • 平成14年 6月       『寺に生きる女性の立場』を全寺院に配布。
班長
班員
〔座長 堀尾 孟(大谷大学教授)〕
島崎義孝(花園大学非常勤講師)/葛葉睦山(妙心寺派桂香寺住職)/白井大然(花園高校宗教部教諭・妙心寺派長興院住職)/高橋通方(妙心寺派神宮寺住職)/川本博明(建仁寺派教学部長・春光院住職)/高井正俊(建長寺派教学部長・宗禅寺住職)/栂 正隆(禅文化研究所)/中川弘道(禅文化研究所)/河野義方(禅文化研究所)