公益財団法人 禅文化研究所

  • 調査研究
  • 刊行普及
  • 資料収集
  • ソフトウェア

刊行普及

善本覆刻叢書

禅文化研究所所蔵の積翠軒文庫・宗栄寺文庫・FAS文庫などに含まれる先賢の手沢本(書入本)や、鈔物(注釈書)の中から、特に禅学研究に不可欠な主要典籍を選んで、復刻刊行しています。各書には、原典テキストデータを添付しています。

  • 善本覆刻叢書『句雙葛藤鈔』

    善本覆刻叢書『句雙葛藤鈔』

    「句双子」とは、一般に謂う所の「禅林句集」のことである。「葛藤」とは、言葉の意。本書も、外題は「句双葛藤鈔」と言うが、内題は、「宗門葛藤集」と言う。いずれにしても、宗門で用いる禅語を集めたものという意味である。
  • 善本覆刻叢書『新刊錦繍段鈔』

    善本覆刻叢書『新刊錦繍段鈔』

    建仁寺218世・南禅寺231世に昇った天隠龍沢が、唐・宋・元の諸名家の絶句328首を門類に編纂したもの。康正2年(1456)以来、10数回板刻出版され、多くの作詩者に愛好された。
  • 善本覆刻叢書『大慧宗門武庫』

    善本覆刻叢書『大慧宗門武庫』

    大慧が古人の行履を拈挙し、法嗣の道謙が編録したもの。
  • 善本覆刻叢書『貞和集』

    善本覆刻叢書『貞和集』

    五山文学の巨匠、義堂周信により編集された詩偈集。撰録詩偈3000首、作者336人は詩偈作成の指南書として永く重んじられるものである。
  • 善本覆刻叢書『臨済録』

    善本覆刻叢書『臨済録』

    宗門の根本語録「臨済録」を、学匠無著道忠が校訂し、享保12年に刊行したもの。この校訂本は、漢字にフリガナや濁点を振り、また正確な返り点、送り仮名が付されており、伝統的読みの基準となるべきものである。

1ページ中1ページ

禅文化研究所の最新出版物のDMパンフ(2016年秋号)はこちら(PDFファイル)からご覧いただけます。

PDF 最新出版物DMパンフ 2016年秋号
(PDF:6.5KB)