公益財団法人 禅文化研究所

  • 調査研究
  • 刊行普及
  • 資料収集
  • ソフトウェア

刊行普及

このエントリーをはてなブックマークに追加
禅の語録 全20巻・22冊
A5判上製・平均300頁
セット価格 定価:本体150,000円+税
定価:本体4,000~8,500円+税(分売可)

【復刊完結について 筑摩書房より】

「禅の語録」は1969年、第1巻『達摩の語録』を第一回配本として、1981年までに十七巻を刊行しました。

代表的な禅の古典を網羅、中国禅宗史の流れに沿い系統的に配列した本シリーズは、禅籍の解読を一気に学問的水準に引き上げた画期的なものとして、江湖の高評を得ました。

本文(漢文)は抜粋ではなく全文を収録。当時望みうる第一級の執筆者により、厳密な校訂、唐宋代の口語史研究にもとづく精確で平明な訳読、歴史学・文献学・中国語学の成果をふまえた懇切な注釈と解説がほどこされ、さらに各巻末に索引を付して禅籍味読に万全を期しています。

しかしながら本シリーズは、三巻を欠いたまま長らく入手困難となっておりました。

このたび、2016年の臨済禅師1150年大遠諱にあたり、臨済宗黄檗宗連合各派合議所の推薦、禅文化研究所の協力のもと、未完であった第5巻、第12巻を補い、小川隆・駒澤大学教授による書き下ろし第20巻を加えた新編成で、復刊・完結する運びとなりました。

求道の導きとして禅籍をひもとく人びと、研究のために禅録を参照する人びと、一般的な解説書を超えて禅の古典そのものに触れたいと願う人びとに、最良の参考書として、ご支持いただけるものと確信しております。

「禅の語録」が永くご愛読いただけることを願ってやみません。

禅の語録1 達摩の語録
禅の語録2 初期の禅史1
禅の語録3 初期の禅史2
禅の語録4 六祖壇経
禅の語録5 馬祖の語録
禅の語録6 頓悟要門
禅の語録7 龐居士語録
禅の語録8 伝心法要・宛陵録
禅の語録9 禅源諸詮集都序
禅の語録10 臨済録
禅の語録11 趙州録
禅の語録12a 玄沙広録 上・中・下
禅の語録13 寒山詩
禅の語録14 輔教編
禅の語録15 雪竇頌古
禅の語録16 信心銘・証道歌・十牛図・坐禅儀
禅の語録17 大慧書
禅の語録18 無門関
禅の語録19 禅関策進
禅の語録20 導読

コメントを投稿する