公益財団法人 禅文化研究所

  • 調査研究
  • 刊行普及
  • 資料収集
  • ソフトウェア

調査研究

『景徳伝灯録』研究会

このエントリーをはてなブックマークに追加
現状 研究中
詳細  禅語録中、最も基本的かつ重要な文献である『伝灯録』全30巻を、近年の日中両国の中国口語史研究の成果を踏まえて、千八百の古則公案といわれる問答の一つ一つの意味を解明することに重点を置き読解を進めています。
 今年度は、巻16の定稿化を進めます。隔月1回で開催しています。
 平成22年度は、刊行予定の第五冊(巻13・14・15)について、巻14の道吾円智章・雲巖曇晟章を除いて初校(西口・衣川・小川)を行ないました。
 巻16は前年に引き続いて、筠州九峰道虔禅師、廬山棲賢懐祐禅師、台州涌泉景欣禅師、潭州雲蓋山志元禅師、潭州谷山蔵禅師、福州覆船洪荐禅師、朗州徳山存徳慧空禅師、吉州崇恩禅師、石霜第三世輝禅師、郢州芭蕉和尚、潭州肥田伏和尚、潭州鹿苑暉禅師、越州雲門山拯迷寺海晏禅師、湖南文殊和尚、潭州中雲蓋山和尚、鳳翔府石柱和尚、河中府棲巖山大通院存壽、南岳玄泰禅師の定稿化を進めました。
 研究会は、5/30、7/31、9/13、11/24、1/8に開催しました。
班長
班員
〔班長  西口芳男〕
班員 衣川賢次(花園大学教授)/松岡由香子(花園大学非常勤講師)/千田宗琢(花園大学非常勤講師/久保 讓(花園大学科目等履修習生)/Eric Greene(京都大学人文科学研究所研究員)/雪敏(花園大学大学院博士課程)/古勝 亮(京都大学大学院博士課程)/三浦國雄(大東文化大学教授)/土屋昌明(専修大学教授)/下定雅弘(岡山大学教授)/末木文美士(国際日本文化研究センター教授)/齊藤智寛(東北大学準教授)/石野幹昌(名古屋大学大学院博士課程)/石井修道(駒澤大学教授)/小川 隆(駒澤大学教授)/須山長治(駒澤大学非常勤講師)

研究成果刊行書籍の該当ページへ