公益財団法人 禅文化研究所

  • 調査研究
  • 刊行普及
  • 資料収集
  • ソフトウェア

調査研究

オウム真理教問題研究会

このエントリーをはてなブックマークに追加
現状 研究終了
詳細 禅文化研究所の提案により、いわゆる「オウム真理教事件」を禅僧ならびに禅宗教団人の立場から討議するため、臨済宗各派および黄檗宗の教学担当者が一堂に集い、「臨黄オウム問題研究会」(以下「研究会」と呼ぶ)を形成して約10ケ月間にわたる研究討議をかさねました。ここに(1)その研究討議の経過と(2)研究討議を経て出てきた基本的見解とを纏めて提示し、以て研究会の一応の報告とします。
 

I.研究会ならびに研究討議の推移概要

 第1回研究会(準備会)
平成7年 6月13日開催
/於 花園大学真人館101号室
  討議事項および開催計画
 第2回研究会 平成7年 7月25日開催
/於 禅文化研究所
  角田禅堂(新潟)堂長・上松宗忠氏の話
 第3回研究会 平成7年 9月18日開催
/於 花園大学真人館101号室
  前回までの討議内容の整理と研究討議の方向づけ
 第4回研究会 平成7年10月23日開催
/於 禅文化研究所
  アンケート I の結果報告と問題点の検討
 第5回研究会 平成7年11月20日開催
/於 禅文化研究所
  アンケート II に表明された問題点の検討
 第6回研究会 平成7年12月20日開催
/於 禅文化研究所
  禅文化研究所前所長・平田精耕天龍寺派管長の話
 第7回研究会 平成8年 1月22日開催
/於 禅文化研究所
  これまでの討議内容の纏め
 第8回研究会 平成8年 3月25日開催
/於 禅文化研究所
  研究報告書の検討
 

II.研究討議を経ての見解

1.「オウム事件」とは何か
2.「オウム教団」とは何か
3.なすべきことは何か
班長
班員

臨黄オウム問題研究会構成員名一覧(五十音順)

氏 名 (研究会参加当時の役職名を記す)
大野 鍈宗 妙心寺派教学部長
垣見 祚隆 永源寺派教学部長
金谷 義宣 方広寺派教学部員
川本 博明 建仁寺派教学部長
吉瀬 勝 花園大学宗教部主事
葛葉 睦山 花園大学宗教部参与
後藤 典生 臨済宗連合各派布教師会事務局長
瀬川 宗隆 臨済宗連合各派布教師会副会長
高井 正俊 建長寺派教学部長
田坂 明道 仏通寺派教学部長
田原 義宣 天龍寺派教学部長
法岳 光徳 神勝寺国際禅堂堂長
長谷川 義恒 臨済宗青年僧の会
平塚 景堂 相国寺派教学部長
補泉 正宗 方広寺派宗務総理兼教学部長
宝積 玄承 花園大学宗教部副部長
堀口 宗信 南禅寺派信徒部長
三輪 宗貫 向嶽寺派教学部長
山田 宗正 大徳寺派教学部員
 
堀尾 孟 大谷大学教授〔研究会主任教授〕
栂  正隆 禅文化研究所事務局長〔事務局〕
中川 弘道 禅文化研究所〔事務局〕